2016年03月09日

【VTR250】才谷屋アンダーカウルを装着しました

みなさん、こんにちは!


少しずつ、少しずつ記事を書くペースが遅くなっている私です。

これが大人になるということなのか。。。



違いますね。





ええと、最近の言い訳としては、スマホアプリを開発していたんですね。

仕事でプログラム書いておいて、家に帰ってきてからもプログラム書いちゃうあたり、
何してるんだろう、俺感が半端ないんですけど、そんなに嫌いじゃないです。






で、ええと、今回はですね、GNのシートの続編かっ!?と思わせておいて、VTRの方の話でした。すいません。

VTRにアンダーカウルをつけたよ!という話です。




かねてから、VTRの下側のスカスカが気になっていました。
なんだかすごく浮いている感じです。

そこで、アンダーカウルはいつか付けたいなと思っていました。



VTRには、何種類かアンダーカウルが存在します。専用品という意味でです。

純正のアンダーカウル(FI用)や、
マジカルレーシング、
コワース、
エーテックなどなど...

ここで、私がアンダーカウルに求めるものはただ一つ。



かっこよさ



です。

申し訳ありませんが、純正のアンダーカウルはいまいち...なんだか丸っこいし、短いし。
というわけで対象外に。


マジカルレーシングはかっこいい。
コワースも。


と、ヤフオクを見ていたら、才谷屋のアンダーカウルが出品されていました。



リアタイヤ近くまで伸びた全長、エアダクト、角ばったデザイン。

私の心はくすぐられ、1万ごにょごにょ円と、割と高かったのですが、購入しました。





で、早速取り付けました。

完成形がこちら。
IMG_4104.jpg
どん!



え?
いきなり完成写真って、雑じゃないかって?



いえいえ。そんなことはありません。

汎用カウルですと、ステーはどこから取ろう、とか考えますが、
今回は専用品ですから、特に何も考えずに装着できました。

エンジンにもとからついているM8のボルトを外して、下の写真のような4つのFRP製専用ステーを装着していくだけです。
IMG_4093.jpg

IMG_4095.jpg




横から撮影した様子です。
IMG_4100.jpg



車体が青に対して、アンダーカウルが黒だったので、似合わないかと思ったんですが、意外とそんなこともなく、
下が暗い色のお陰で引き締まった印象になりました。

この主張具合、嫌いじゃありません。いや、むしろ好きです!大好きです!



また、エンジンガードとは同時に装着できないかと思っていたのですが、
エンジンガードの位置を少し前側にすることで、無事併設できました。よかった。




のですが、、、、、、







擦ります。






思いっきり擦ります。。。。。






一人ならまだしも、2人乗りだと、あまり高くない段差でもガッと音がします。


あと、結構ガッツリ倒しこむと、サイドも擦ります。





ということで、このアンダーカウルはオシャレ系街乗りボーイ向けだったかもしれません。。。




見た目はVTR用アンダーカウルの中ではかなり好みなんですがっ。。。






今回は以上です。
posted by hide at 21:53 | Comment(2) | TrackBack(0) | VTR250カスタム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ブログ読ませていただいてます♪
当方YZF-R25乗りなんですが、VTRも大好きなんです笑 あのフレーム!イカすぜ…
私も最近アンダーカウル着けました 下の隙が無くなったと言うか…とにかくボリュームが出て大変満足です笑
これからも更新心待ちにしてます♪
それにしても…マフラーのインパクトが笑
Posted by 南国らいだ〜 at 2016年03月17日 02:31
南国らいだ〜さん、こんにちは!

R25乗りの方なんですね!
個人的には250ccクラスではトップクラスで好きな見た目です。
サイコーです!

アンダーカウル、いいですよね。
走行性能が上がるわけでもなく、ホント見た目が変わるだけのカスタムですが。。。

VTRのマフラーは。。。見た目のインパクトありすぎなので、もう少し穏やかにしたいんですが。。。(^^;;

ブログは、更新頑張ります!ありがとうございます!
Posted by hide at 2016年03月19日 16:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。